光トポグラフィーでわかる精神疾患【確実に診断できる検査法】

婦人

見えないものを見る

看護師

心の病気も数値で診る時代

光トポグラフィーとは、近赤外光を頭部に当てることにより、前頭葉の血流の変化パターンを計測し、うつ病、双極性障害、統合失調症などを検査する方法です。従来これらの精神疾患は、医師による問診のみで検査を行ってきました。しかし、この光トポグラフィーの登場により、一定の数値により、判断することが可能となったのです。方法としては、頭部に光トポグラフィー装置を装着し、簡単な質問を受けます。それに答えることで、頭部の血流が一定の変化を見せます。その変化の様子を装置によって読み取ることで、変化パターンを確認できるのです。この変化パターンには、うつ病や双極性障害、統合失調症によって、一定の形が見られるとされています。もちろん、健常者にも一定のパターンがあります。ですから、自分がうつ病なのか、それともそうでないのか、あるいはうつ病と診断されたけれど双極性障害ではないのか、ということが、データである程度判断できるということなのです。しかも、用いられる近赤外光は身体には害がないとされています。検査を受ける人の身体に負担をかけることなく、精神疾患の検査ができるのです。もちろん、この光トポグラフィーだけで診断されるわけではなく、問診も大切な診断材料ですが、精神疾患において可視化できる検査が生まれたというのは、画期的なことではないでしょうか。これからの診断を変えていきそうな光トポグラフィー、利用の仕方が注目されます。

自分の病気を自分で見る

これまで問診だけに頼っていた精神疾患の検査ですが、頭部の血流変化パターンの測定という画期的な光トポグラフィーの登場により、目に見える検査へと変化しつつあります。精神疾患の検査には、これまで様々な問題がありました。その一つは、診断基準が患者本人にはよく分からない、というものでした。身体疾患でしたら、例えば癌の場合、癌細胞が検出できれば癌であると断言できます。しかし、精神疾患の場合、うつ病と躁鬱病の違いに、決定的な目に見える何かがあるわけではありません。あくまで医師の問診による判断によります。すると、患者さん本人にしてみると、自分は本当にうつ病なのだろうか、もしかしたら違うのでは、という疑問がわきやすい状況にあると言えます。特に、治療が長期にわたる場合、そうした疑問はわいてくるに違いありません。しかし、この光トポグラフィーでしたら、その変化パターンからうつ病かそれとも双極性障害か、統合失調症なのか、ということが患者さん本人にもある程度納得のいく形で確認することができます。また、治療効果についても中々実感することができない精神疾患において、この光トポグラフィーを利用することで回復状況が数値で実感できるのです。心は見えない、よく言われる言葉です。それは、これまで精神疾患の患者さんたちを苦しめてきた一つの要因でもありました。しかし、これからは「心も見える、見る時代」へと変化していくのではないでしょうか。