光トポグラフィーでわかる精神疾患【確実に診断できる検査法】

婦人

うつ病治療の注意点と現状

カウンセリング

治療を受ける際の注意点

うつ病とは、心の風邪とも呼ばれている病気のことで、主に心療内科で治療されます。代表的な症状としては、塞ぎこむ症状があり、人によっては長期間にわたって塞ぎこむこともあるため、対人関係や仕事に支障をきたすこともあります。このため、治療を早急に行う必要があるのですが、日本人は昔から悩みを抱える方が多く、体調には変化が起きない方もいるため、病院に行かない方が多いのが現状です。ただし、最近になって、ようやく病気としての理解が浸透するようになり、心療内科で治療を受ける方が増加しています。日本の心療内科の治療は、薬の投与による治療が一般的で、主に抗うつ薬や抗不安薬、場合によっては睡眠薬なども処方されます。これらの治療薬には副作用の強い薬もあり、うつ病の診断のためには十分なカウンセリングが必要となるのですが、心療内科によっては、患者数をこなすために簡単に飲み薬を処方する病院もあり、注意が必要となります。このため、心療内科で受診する際は病院選びが重要となり、事前に情報収集を行う必要があります。情報収集には、インターネットの口コミやホームページが活用できるので、カウンセリングを行わない病院を避けるためにも、必ず事前に確認するようにしましょう。

誤診の無い検査方法

うつ病と似た症状を発症する病気として双極性障害があり、これはうつ病のように塞ぎこむ症状と、普段より異常にテンションが高い症状を繰り返す病気で、人によってはそれぞれの周期が長い場合もあり、診断が難しくなっています。ただし、双極性障害の治療に用いられる治療薬は気分安定薬や抗精神薬で、うつ病の治療薬とは異なり、双極性障害の患者にうつ病の治療薬を用いると、さらに症状がひどくなることがあります。このため、診断を確実に行う必要があるのですが、診断は心療内科の医師でも難しいのが現状です。そこで、近年注目されているのが光トポグラフィー検査で、近赤外線を頭に照射することで、脳内を流れる血流をグラフに表し、うつ病と双極性障害の判断を行います。光トポグラフィー検査の登場によって、誤診は大幅に減少しましたが、現状では導入していない病院や健康保険が適用できない病院も多いため、病院で治療を受ける前に、光トポグラフィー検査が可能な病院か確認する必要があります。導入している病院は、ホームページで治療を行っているか確認しておくと良いでしょう。また、記載されているのであれば、光トポグラフィー治療の費用なども書き留めておき、複数の病院を比較してみることをオススメします。施術のクオリティだけでなく値段にもこだわり、後悔のない治療を受けると良いでしょう。